Explore these ideas and more!

ゲスト◇中村京妙(kyotae nakamura) 東京都中野区出身、女方の歌舞伎俳優。 昭和51年国立劇場第三期歌舞伎俳優研修修了。同年4月、本名で国立劇場『金門五山桐(きんもんごさんのきり)』の腰元ほかで初舞台。52年4月中村雀右衛門に入門し中村京妙を名のる。62年5月名題昇進。小柄で可愛らしい若女方で、いつまでも初々しい色気と華やかな雰囲気を持ち、師匠譲りの華と芸を兼ね備えた実力派。時代物の腰元も世話物の芸者もよく似合い、関西の歌舞伎鑑賞教室で『俊寛』の海女千鳥に抜擢される。新橋演舞場では、『東海道四谷怪談』の孫娘お梅を演じるなど、舞台で華々しい活躍中。勉強会で『将門(まさかど)』の滝夜叉姫や『妹背山(いもせやま)』のお三輪などを熱演し、師匠そっくりだと評判を受ける。昭和 52年3月、55年12月国立劇場奨励賞。平成11年5月歌舞伎座賞。12年第六回日本俳優協会賞。13年第17回こんぴら大歌舞伎三穂津さくら賞。20年3月国立劇場特別賞。

ゲスト◇中村京妙(kyotae nakamura) 東京都中野区出身、女方の歌舞伎俳優。 昭和51年国立劇場第三期歌舞伎俳優研修修了。同年4月、本名で国立劇場『金門五山桐(きんもんごさんのきり)』の腰元ほかで初舞台。52年4月中村雀右衛門に入門し中村京妙を名のる。62年5月名題昇進。小柄で可愛らしい若女方で、いつまでも初々しい色気と華やかな雰囲気を持ち、師匠譲りの華と芸を兼ね備えた実力派。時代物の腰元も世話物の芸者もよく似合い、関西の歌舞伎鑑賞教室で『俊寛』の海女千鳥に抜擢される。新橋演舞場では、『東海道四谷怪談』の孫娘お梅を演じるなど、舞台で華々しい活躍中。勉強会で『将門(まさかど)』の滝夜叉姫や『妹背山(いもせやま)』のお三輪などを熱演し、師匠そっくりだと評判を受ける。昭和 52年3月、55年12月国立劇場奨励賞。平成11年5月歌舞伎座賞。12年第六回日本俳優協会賞。13年第17回こんぴら大歌舞伎三穂津さくら賞。20年3月国立劇場特別賞。

ゲスト◇芝原洋一(Yoichi Shibahara)宝永2(1705)年、京都に創業して以来、今日まで香づくり一筋に歩んでまいりました。私たちがお作りするのは、宗教用の薫香をはじめ、茶の湯の席で用いる香木や練香、お座敷用のお線香や手軽なインセンス、匂い袋など「香百般」。香文化の担い手として、時の年輪を暖簾に刻みながら、これからも香りの歴史を重ねてまいります。

ゲスト◇芝原洋一(Yoichi Shibahara)宝永2(1705)年、京都に創業して以来、今日まで香づくり一筋に歩んでまいりました。私たちがお作りするのは、宗教用の薫香をはじめ、茶の湯の席で用いる香木や練香、お座敷用のお線香や手軽なインセンス、匂い袋など「香百般」。香文化の担い手として、時の年輪を暖簾に刻みながら、これからも香りの歴史を重ねてまいります。

ゲスト◇竺仙/小川文男(Humio Ogawa)初代は、今から172年程前の天保年間の創業(1842年) である。 江戸染浴衣の独特な技術を活かし浴衣から江戸小紋へと世間に名を馳せ、歌舞伎の世界にまでその生きざまが描かれたほどであった。戦後、初代竺仙ゆかりの地浅草に店舗を構え、初代からの信条を強固な芯として技術、カラーを継承、その持味が世間の評判を買い有名百貨店、高級呉服専門店からの声がかかり日本橋に移転した。 現当主も先代からの能衣装、古代紋様に加えて正倉院紋様、宗達・光琳の創作再現に積極的に意を注いでいる。初代は、今から172年程前の天保年間の創業(1842年) である。 江戸染浴衣の独特な技術を活かし浴衣から江戸小紋へと世間に名を馳せ、歌舞伎の世界にまでその生きざまが描かれたほどであった。戦後、初代竺仙ゆかりの地浅草に店舗を構え、初代からの信条を強固な芯として技術、カラーを継承、その持味が世間の評判を買い有名百貨店、高級呉服専門店からの声がかかり日本橋に移転した。 現当主も先代からの能衣装、古代紋様に加えて正倉院紋様、宗達・光琳の創作再現に積極的に意を注いでいる。

ゲスト◇竺仙/小川文男(Humio Ogawa)初代は、今から172年程前の天保年間の創業(1842年) である。 江戸染浴衣の独特な技術を活かし浴衣から江戸小紋へと世間に名を馳せ、歌舞伎の世界にまでその生きざまが描かれたほどであった。戦後、初代竺仙ゆかりの地浅草に店舗を構え、初代からの信条を強固な芯として技術、カラーを継承、その持味が世間の評判を買い有名百貨店、高級呉服専門店からの声がかかり日本橋に移転した。 現当主も先代からの能衣装、古代紋様に加えて正倉院紋様、宗達・光琳の創作再現に積極的に意を注いでいる。初代は、今から172年程前の天保年間の創業(1842年) である。 江戸染浴衣の独特な技術を活かし浴衣から江戸小紋へと世間に名を馳せ、歌舞伎の世界にまでその生きざまが描かれたほどであった。戦後、初代竺仙ゆかりの地浅草に店舗を構え、初代からの信条を強固な芯として技術、カラーを継承、その持味が世間の評判を買い有名百貨店、高級呉服専門店からの声がかかり日本橋に移転した。 現当主も先代からの能衣装、古代紋様に加えて正倉院紋様、宗達・光琳の創作再現に積極的に意を注いでいる。

ゲスト◇宮田亮平(Ryohei Miyata)新潟県佐渡市出身の金属工芸家。東京藝術大学院美術研究科修士課程修了。美術学部長などを経て05年12月から学長。専門は鍛金。京芸術大学教授として鍛金技法研究の指導にあたる一方、工芸家としても活動し、その作品は日本のみならずドイツ・イスラエル・韓国・中国などで展覧が催されている。イルカをモチーフにした「シュプリンゲン(Springen)」シリーズがある。

ゲスト◇宮田亮平(Ryohei Miyata)新潟県佐渡市出身の金属工芸家。東京藝術大学院美術研究科修士課程修了。美術学部長などを経て05年12月から学長。専門は鍛金。京芸術大学教授として鍛金技法研究の指導にあたる一方、工芸家としても活動し、その作品は日本のみならずドイツ・イスラエル・韓国・中国などで展覧が催されている。イルカをモチーフにした「シュプリンゲン(Springen)」シリーズがある。

ゲスト◇柏原孫左衛門(Magozaemon Kashiwbara)株式会社黒江屋 代表取締役社長 柏原和弘氏 1959 年生まれ。幼稚舎から大学まで慶應義塾で学ぶ。高校時代には将棋の全国大会で団体優勝を果たす。1981年慶應義塾大学商学部を卒業し、関東自動車工業株式会社に入社。1985 年に家業に入り、2007 年に黒江屋の取締役社長に就任。柏原紙商事のほか、倉庫・運送業や不動産賃貸業の会社も取り仕切る。

ゲスト◇柏原孫左衛門(Magozaemon Kashiwbara)株式会社黒江屋 代表取締役社長 柏原和弘氏 1959 年生まれ。幼稚舎から大学まで慶應義塾で学ぶ。高校時代には将棋の全国大会で団体優勝を果たす。1981年慶應義塾大学商学部を卒業し、関東自動車工業株式会社に入社。1985 年に家業に入り、2007 年に黒江屋の取締役社長に就任。柏原紙商事のほか、倉庫・運送業や不動産賃貸業の会社も取り仕切る。

ゲスト◇國分孝一(Koichi Kokubu)お客様により良いお品物を提供できるよう、日々精進いたしております。長年、一流百貨店様や高級料理店様とのお取り引きもさせていただいており、 より多くのお客様に和食器の良さを実感して頂きたく、さまざまな商品をご用意しております。お客様のご要望から生まれた当店オリジナルの商品もございます。職人の妥協を許さない本物の仕事ぶりを是非お確かめ下さい。

ゲスト◇國分孝一(Koichi Kokubu)お客様により良いお品物を提供できるよう、日々精進いたしております。長年、一流百貨店様や高級料理店様とのお取り引きもさせていただいており、 より多くのお客様に和食器の良さを実感して頂きたく、さまざまな商品をご用意しております。お客様のご要望から生まれた当店オリジナルの商品もございます。職人の妥協を許さない本物の仕事ぶりを是非お確かめ下さい。

ゲスト◇伊藤義文(Yoshihumi Itou)1970年生まれ。大学卒業後、1993年に博品館へ入社し、取締役計画部長に就任。94年に取締役専務。95年に代表取締役副社長を経て、2001年に社長に就任。現在、おもちゃ専門店博品館TOY PARKと銀座博品館劇場などを経営。 銀座博品館http://www.hakuhinkan.co.jp/

ゲスト◇伊藤義文(Yoshihumi Itou)1970年生まれ。大学卒業後、1993年に博品館へ入社し、取締役計画部長に就任。94年に取締役専務。95年に代表取締役副社長を経て、2001年に社長に就任。現在、おもちゃ専門店博品館TOY PARKと銀座博品館劇場などを経営。 銀座博品館http://www.hakuhinkan.co.jp/

ゲスト◇山本海苔店/山本貴大(Takahiro Yamamoto)1849年創業の山本海苔店は「味附海苔」を開発した老舗です。「良品廉価」をモットーにたゆまぬ努力を続け、皆さまに日本伝統の食を届けてまいりました。伝統商品「梅の花」から、おつまみに最適な「おつまみ海苔」など、お土産に最適な商品を各種取り揃えております。(進物商品の海苔は、ほとんどが柔らかく香りが良い一番摘みの海苔を使用しております。)東京中心に位置する日本橋室町の山本海苔店本店ではお茶もお求めになれます。ぜひ一度ご賞味ください。

ゲスト◇山本海苔店/山本貴大(Takahiro Yamamoto)1849年創業の山本海苔店は「味附海苔」を開発した老舗です。「良品廉価」をモットーにたゆまぬ努力を続け、皆さまに日本伝統の食を届けてまいりました。伝統商品「梅の花」から、おつまみに最適な「おつまみ海苔」など、お土産に最適な商品を各種取り揃えております。(進物商品の海苔は、ほとんどが柔らかく香りが良い一番摘みの海苔を使用しております。)東京中心に位置する日本橋室町の山本海苔店本店ではお茶もお求めになれます。ぜひ一度ご賞味ください。

ゲスト◇中村 京妙(kyoutae nakamura) 中野区出身、女方の歌舞伎俳優。昭和51年国立劇場第三期歌舞伎俳優研修修了。同年4月、本名で国立劇場『金門五山桐(きんもんごさんのきり)』の腰元ほかで初舞台。52年4月中村雀右衛門に入門し中村京妙を名のる。62年5月名題昇進。小柄で可愛らしい若女方で、いつまでも初々しい色気と華やかな雰囲気を持ち、師匠譲りの華と芸を兼ね備えた実力派。時代物の腰元も世話物の芸者もよく似合い、関西の歌舞伎鑑賞教室で『俊寛』の海女千鳥に抜擢される。新橋演舞場では、『東海道四谷怪談』の孫娘お梅を演じるなど、舞台で華々しい活躍中。勉強会で『将門(まさかど)』の滝夜叉姫や『妹背山(いもせやま)』のお三輪などを熱演し、師匠そっくりだと評判を受ける。昭和52年3月、55年12月国立劇場奨励賞。平成11年5月歌舞伎座賞。12年第六回日本俳優協会賞。 13年第17回こんぴら大歌舞伎三穂津さくら賞。20年3月国立劇場特別賞。

ゲスト◇中村 京妙(kyoutae nakamura) 中野区出身、女方の歌舞伎俳優。昭和51年国立劇場第三期歌舞伎俳優研修修了。同年4月、本名で国立劇場『金門五山桐(きんもんごさんのきり)』の腰元ほかで初舞台。52年4月中村雀右衛門に入門し中村京妙を名のる。62年5月名題昇進。小柄で可愛らしい若女方で、いつまでも初々しい色気と華やかな雰囲気を持ち、師匠譲りの華と芸を兼ね備えた実力派。時代物の腰元も世話物の芸者もよく似合い、関西の歌舞伎鑑賞教室で『俊寛』の海女千鳥に抜擢される。新橋演舞場では、『東海道四谷怪談』の孫娘お梅を演じるなど、舞台で華々しい活躍中。勉強会で『将門(まさかど)』の滝夜叉姫や『妹背山(いもせやま)』のお三輪などを熱演し、師匠そっくりだと評判を受ける。昭和52年3月、55年12月国立劇場奨励賞。平成11年5月歌舞伎座賞。12年第六回日本俳優協会賞。 13年第17回こんぴら大歌舞伎三穂津さくら賞。20年3月国立劇場特別賞。

ゲスト◇三橋鎌幽(Kenyu Mitsuhashi)1980年鎌倉市生まれ。鎌倉時代より続く仏師の血筋で禅宗寺院との縁も深い。心の鍛錬と鎌倉仏師の初心を得るため鎌倉建長寺で禅を学び、「倶利文様」などの古典鎌倉彫の図柄や彫刻法の研究に従事すると共に、仏具の制作にも携わる。祖先・三橋了和(鎌岳)が確立した「茶道具としての鎌倉彫」を再興し、自ら茶道具を習うなど見識を広め日夜研鑽を積んでいる。また、銀座、青山など各地で「彫刻王子」として教室やトークショーを行っている。  ART FACTORY’s「粋」  https://www.facebook.com/iki.af

ゲスト◇三橋鎌幽(Kenyu Mitsuhashi)1980年鎌倉市生まれ。鎌倉時代より続く仏師の血筋で禅宗寺院との縁も深い。心の鍛錬と鎌倉仏師の初心を得るため鎌倉建長寺で禅を学び、「倶利文様」などの古典鎌倉彫の図柄や彫刻法の研究に従事すると共に、仏具の制作にも携わる。祖先・三橋了和(鎌岳)が確立した「茶道具としての鎌倉彫」を再興し、自ら茶道具を習うなど見識を広め日夜研鑽を積んでいる。また、銀座、青山など各地で「彫刻王子」として教室やトークショーを行っている。 ART FACTORY’s「粋」 https://www.facebook.com/iki.af

ゲスト◇田宮秀則(Hidenori Tamiya)創業167年 東京 日本橋の呉服屋です。着物や染織に関する 「こんなこと出来ない?」 にお応えします。 「どこに相談したら良いかわからない」 「今更こんなこと、恥ずかしくて聞けない」 このような場合も、お気軽にご相談ください。 お客様の疑問やご相談に対し 「出来ない」「わからない」の「0(ゼロ)」を目指してまいります。

ゲスト◇田宮秀則(Hidenori Tamiya)創業167年 東京 日本橋の呉服屋です。着物や染織に関する 「こんなこと出来ない?」 にお応えします。 「どこに相談したら良いかわからない」 「今更こんなこと、恥ずかしくて聞けない」 このような場合も、お気軽にご相談ください。 お客様の疑問やご相談に対し 「出来ない」「わからない」の「0(ゼロ)」を目指してまいります。

ゲスト◇利久庵/水谷弘(Hiroshi Mizutani)1967年生まれ。明治大学卒業後、横浜・伊勢佐木町の「割烹山田屋」で修業。その後、利久庵に戻り、2007年に代表取締役として同店を任される。2008年、「室町一丁目會」の青年部会長に就任、現在は2期目(1期2年間)に入る。

ゲスト◇利久庵/水谷弘(Hiroshi Mizutani)1967年生まれ。明治大学卒業後、横浜・伊勢佐木町の「割烹山田屋」で修業。その後、利久庵に戻り、2007年に代表取締役として同店を任される。2008年、「室町一丁目會」の青年部会長に就任、現在は2期目(1期2年間)に入る。

ゲスト◇根本新(Shin Nemoto)私達は1921 年より90 年の間、ガラスを作ってきました。創業当時は職人がひとつひとつ 手作業により、理化学器具や食器を作っていました。のちに機械による製造を進化させ、今では工場の中に人の姿も少なくなりました。私達は今、再び原点に立ち返り、ガラス職人が丹念に作った作品をお届けしたい、また手加工の技術を次の世代に残したい、そんな思いでこのブランドをたちあげました。限りなくピュアな素材「耐熱ガラス」にこれからも新たな命を吹き込んでまいります。

ゲスト◇根本新(Shin Nemoto)私達は1921 年より90 年の間、ガラスを作ってきました。創業当時は職人がひとつひとつ 手作業により、理化学器具や食器を作っていました。のちに機械による製造を進化させ、今では工場の中に人の姿も少なくなりました。私達は今、再び原点に立ち返り、ガラス職人が丹念に作った作品をお届けしたい、また手加工の技術を次の世代に残したい、そんな思いでこのブランドをたちあげました。限りなくピュアな素材「耐熱ガラス」にこれからも新たな命を吹き込んでまいります。

ゲスト◇濵田捷利(Katsutoshi Hamada)1942年生まれ。日本大学卒業後、江戸屋に入社。40代の頃、代表取締役に就任。2003年からべったら市保存会の会長としてべったら市の企画運営などを務めている

ゲスト◇濵田捷利(Katsutoshi Hamada)1942年生まれ。日本大学卒業後、江戸屋に入社。40代の頃、代表取締役に就任。2003年からべったら市保存会の会長としてべったら市の企画運営などを務めている

ゲスト◇杉田勇(Isamu Sugita)履歴書に書ききれないくらいの職(いずれもガテン系)を転々とする中で金属加工の世界で面白味を見出し(株)関東精密に入社。その後、白羽の矢が当たり、2007年3月(株)関東精密を買い取ると言う形で代表取締役に就任。その一年後にリーマンショックを経験したが、なんとか持ち直した。 マシニングセンター、平面研削盤、成形研削盤、汎用フライス、ワイヤカット放電加工機、汎用旋盤などを使い、『加工者』兼『営業』兼『経営者』で現在に至る。  「株式会社関東精密」  http://www.kanto-seimitsu.jp

ゲスト◇杉田勇(Isamu Sugita)履歴書に書ききれないくらいの職(いずれもガテン系)を転々とする中で金属加工の世界で面白味を見出し(株)関東精密に入社。その後、白羽の矢が当たり、2007年3月(株)関東精密を買い取ると言う形で代表取締役に就任。その一年後にリーマンショックを経験したが、なんとか持ち直した。 マシニングセンター、平面研削盤、成形研削盤、汎用フライス、ワイヤカット放電加工機、汎用旋盤などを使い、『加工者』兼『営業』兼『経営者』で現在に至る。 「株式会社関東精密」 http://www.kanto-seimitsu.jp

ゲスト◇平皓瑛(Hiroaki Taira) 1985年生まれ。小学校から高校卒業までシリコンバレーに在住。東京工芸大学にてアニメーションを専攻し、在学中に米国カーネギーメロン大学へ留学。大手広告制作会社での営業を経て、留学中に出会ったタイの友人と2011年9月に起業。現在、アニメーション特化型クラウドファンディング「Anipipo」を東京とバンコクの2拠点で運営中。 Anipipo 公式サイトhttp://www.anipipo.com

ゲスト◇平皓瑛(Hiroaki Taira) 1985年生まれ。小学校から高校卒業までシリコンバレーに在住。東京工芸大学にてアニメーションを専攻し、在学中に米国カーネギーメロン大学へ留学。大手広告制作会社での営業を経て、留学中に出会ったタイの友人と2011年9月に起業。現在、アニメーション特化型クラウドファンディング「Anipipo」を東京とバンコクの2拠点で運営中。 Anipipo 公式サイトhttp://www.anipipo.com

Pinterest
Search