Explore Childhood Education, Advertising and more!

Explore related topics

ダウン症、自閉症の子供たちを中心とした絵の教室アトリエ・エーを主宰している赤荻徹さん。絵画教室を始めるきっかけになったのは、ダウン症児のサッカー教室。サッカーが教えてくれたこととは?

ダウン症、自閉症の子供たちを中心とした絵の教室アトリエ・エーを主宰している赤荻徹さん。絵画教室を始めるきっかけになったのは、ダウン症児のサッカー教室。サッカーが教えてくれたこととは?

「壊れたロボット」のような身体と対峙しながら――二十歳の自閉症作家・東田直樹インタビュー|跳びはねる思考――22歳の自閉症作家が見た世界|東田直樹|cakes(ケイクス)

「壊れたロボット」のような身体と対峙しながら――二十歳の自閉症作家・東田直樹インタビュー|跳びはねる思考――22歳の自閉症作家が見た世界|東田直樹|cakes(ケイクス)

自閉症スペクトラム “ありのまま"の生活――自分らしく楽しく生きるために(小道モコ,高岡健)の感想

自閉症スペクトラム “ありのまま"の生活――自分らしく楽しく生きるために(小道モコ,高岡健)の感想

Ad Layout,Advertising Poster,Design Art,Magazines,Childhood Memories,Weird,Commercial

(株)コトブキ|第51回「消費者のためになった広告コンクール」 雑誌広告部門で金賞を受賞

(株)コトブキ|第51回「消費者のためになった広告コンクール」 雑誌広告部門で金賞を受賞

6.新聞を読む以外の目的で使用している人のことを想起させる新聞広告 [国名:カナダ/団体名:Fondation de la Maison de Père]  カナダで活動する貧困層の支援団体「Fondation de la Maison de Père」による啓蒙広告。 ホームレスが新聞をあたかも布団代わりにしているように見せるという表現。

6.新聞を読む以外の目的で使用している人のことを想起させる新聞広告 [国名:カナダ/団体名:Fondation de la Maison de Père] カナダで活動する貧困層の支援団体「Fondation de la Maison de Père」による啓蒙広告。 ホームレスが新聞をあたかも布団代わりにしているように見せるという表現。

2006年7月掲載 モデレーション・キャンペーン 酒は、なによりも、適量です。 サントリー

2006年7月掲載 モデレーション・キャンペーン 酒は、なによりも、適量です。 サントリー

花王

Dutch,Advertising

子どもの村福岡 新聞広告応援団 大募集! : 子どもの村福岡

子どもの村福岡 新聞広告応援団 大募集! : 子どもの村福岡

Pinterest
Search