Explore Meaning Of Love, Jazz and more!

Explore related topics

Karin Krog - The Meaning of Love (featuring Steve Kuhn)

Karin Krog - The Meaning of Love (featuring Steve Kuhn)

Marlene Dietrich "Falling In Love Again" 1954 (+playlist)

Marlene Dietrich "Falling In Love Again" 1954 (+playlist)

おはようございます。 このところ忙しくて、今年はまだ美術館もライヴもまだあまり行けていませんが、昨晩は新年初ライヴ、露木達也さん(g,vo)&宮野寛子さん(p)を聴いてきました。 今朝の一曲は久しぶりに宮野さんのピアノ演奏で「An Impression of Brazil」、あっ一曲じゃなくて「Winds of My Heart」「Sullen Tones」「Precious Moments」とダイジェストで続きます。

おはようございます。 このところ忙しくて、今年はまだ美術館もライヴもまだあまり行けていませんが、昨晩は新年初ライヴ、露木達也さん(g,vo)&宮野寛子さん(p)を聴いてきました。 今朝の一曲は久しぶりに宮野さんのピアノ演奏で「An Impression of Brazil」、あっ一曲じゃなくて「Winds of My Heart」「Sullen Tones」「Precious Moments」とダイジェストで続きます。

おはようございます。 今日3/15はレスター・ヤングの命日。 今朝の一曲はレスター・ヤング&ビリー・ホリディで「イージー・リヴィング」、もとは1937年の同名映画(私は見ていませんがドタバタ・ラヴコメらしい)の主題歌だったそうです。なかなか味わいのある演奏と歌ですね。ビリーの歌は後半に入っていて、そのタイミングで画像がレスターからビリーに切り替わりますが、この二人の顔の絵も味わいがあります。 ちなみに、ビリーを「レディ・デイ」と呼んだのはレスターで、レスターを「プレズ」(プレジデント)と名付けたのはビリーでした。

おはようございます。 今日3/15はレスター・ヤングの命日。 今朝の一曲はレスター・ヤング&ビリー・ホリディで「イージー・リヴィング」、もとは1937年の同名映画(私は見ていませんがドタバタ・ラヴコメらしい)の主題歌だったそうです。なかなか味わいのある演奏と歌ですね。ビリーの歌は後半に入っていて、そのタイミングで画像がレスターからビリーに切り替わりますが、この二人の顔の絵も味わいがあります。 ちなみに、ビリーを「レディ・デイ」と呼んだのはレスターで、レスターを「プレズ」(プレジデント)と名付けたのはビリーでした。

おはようございます。 今日8/4はケニー・ドリューの命日。 今朝の一曲はケニー・ドリュー・トリオで「ランナウェイ」、名盤「ダーク・ビューティ」の一曲目。冒頭、ニールス・ペデルセンのベースとケニー・ドリューのピアノの掛け合いからして格好いいですね。そこへアルバート・ヒースのドラムが参入し、躍動感のあるトリオの世界が広がっていきます。 このところ夜も暑くて寝苦しく睡眠不足がちなんですが、目が覚めます(^.^)

おはようございます。 今日8/4はケニー・ドリューの命日。 今朝の一曲はケニー・ドリュー・トリオで「ランナウェイ」、名盤「ダーク・ビューティ」の一曲目。冒頭、ニールス・ペデルセンのベースとケニー・ドリューのピアノの掛け合いからして格好いいですね。そこへアルバート・ヒースのドラムが参入し、躍動感のあるトリオの世界が広がっていきます。 このところ夜も暑くて寝苦しく睡眠不足がちなんですが、目が覚めます(^.^)

おはようございます。 今朝の一曲は今日から3日間「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」特集でいきます。その第一弾はポール・デスモンドの「デスモンド・ブルー」から。 優しさと気品のあるポール・デスモンドのアルトサックスが奏でる旋律に、ジム・ホールのギター、さらに優雅なストリングスが入って溶け合ったような一曲。もともとシリアス調の曲なので、こんな心地良いアレンジはなかなかないですね。

おはようございます。 今朝の一曲は今日から3日間「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」特集でいきます。その第一弾はポール・デスモンドの「デスモンド・ブルー」から。 優しさと気品のあるポール・デスモンドのアルトサックスが奏でる旋律に、ジム・ホールのギター、さらに優雅なストリングスが入って溶け合ったような一曲。もともとシリアス調の曲なので、こんな心地良いアレンジはなかなかないですね。

おはようございます。 今日7/6は夭折の天才ベーシスト、スコット・ラファロの命日。 ラファロはビル・エヴァンス・トリオの一人として、「ワルツ・フォー・デビィ」を含む歴史的名盤リヴァーサイド四部作を残しました。エヴァンスとのインタープライはジャズベースのスタイルを革新するもので、その後のベーシストに大きな影響を与えたということです。 エヴァンスとの歴史的な演奏の11日後、25歳の若さで交通事故死。エヴァンスは大きなショックを受けて、演奏ができない時期が続きました。 今朝の一曲はエヴァンスのソロで「ダニー・ボーイ」、エヴァンスの死後に発掘された音源。ラファロを失ってひどく落ち込んでいたエヴァンスを、プロデューサーが無理やりスタジオに押し込んで録音したものだそうです。壊れそうで揺れるエヴァンスの心象を映すような繊細な演奏ですね。

おはようございます。 今日7/6は夭折の天才ベーシスト、スコット・ラファロの命日。 ラファロはビル・エヴァンス・トリオの一人として、「ワルツ・フォー・デビィ」を含む歴史的名盤リヴァーサイド四部作を残しました。エヴァンスとのインタープライはジャズベースのスタイルを革新するもので、その後のベーシストに大きな影響を与えたということです。 エヴァンスとの歴史的な演奏の11日後、25歳の若さで交通事故死。エヴァンスは大きなショックを受けて、演奏ができない時期が続きました。 今朝の一曲はエヴァンスのソロで「ダニー・ボーイ」、エヴァンスの死後に発掘された音源。ラファロを失ってひどく落ち込んでいたエヴァンスを、プロデューサーが無理やりスタジオに押し込んで録音したものだそうです。壊れそうで揺れるエヴァンスの心象を映すような繊細な演奏ですね。

おはようございます。 今朝の一曲はクリスマスソング特集の第三弾、ティル・ブレナーがつぶやくように歌ってトランペットを吹く、ちょっとけだるい「ホワイト・クリスマス」 いまの時期、夜間きれいなイルミネーションがあちこちで見られます。出かけたついでにふらっと見て帰ることが多く、今年は汐留、丸の内、表参道あたりを見ましたが、昨年一番印象的だった中目黒(目黒川)の「青の洞窟」は今年中止になってしまったのですね。昨年凄い混雑で急遽土日は中止となったくらいでしたから。ちょっと残念ですが、仕方がないかも。

おはようございます。 今朝の一曲はクリスマスソング特集の第三弾、ティル・ブレナーがつぶやくように歌ってトランペットを吹く、ちょっとけだるい「ホワイト・クリスマス」 いまの時期、夜間きれいなイルミネーションがあちこちで見られます。出かけたついでにふらっと見て帰ることが多く、今年は汐留、丸の内、表参道あたりを見ましたが、昨年一番印象的だった中目黒(目黒川)の「青の洞窟」は今年中止になってしまったのですね。昨年凄い混雑で急遽土日は中止となったくらいでしたから。ちょっと残念ですが、仕方がないかも。

おはようございます。 毎朝の選曲では、Wikipediaのその日のページで誕生日・忌日の欄を見ながらYoutubeを検索することが多いのですが、今日1/14の誕生日欄では、三島由紀夫と原口統三の名前が並んでいるのに目が行きました。いまはほとんど手に取ることがありませんが、高校生の頃、よく読んでいたのを思い出しました。特に「仮面の告白」と「二十歳のエチュード」は(当時)印象が強く、読書感想文まで(当時)気合入れて書いた記憶があります(たまたま2件とも県表彰までいただいた)。二人が同じ誕生日だったとは、ちょっとした偶然です。 二人の共通点はもうひとつあるのですが、それを書くのは省略して、代わりに今朝の一曲として「レフト・アローン」をレディ・キムのヴォーカルで。

おはようございます。 毎朝の選曲では、Wikipediaのその日のページで誕生日・忌日の欄を見ながらYoutubeを検索することが多いのですが、今日1/14の誕生日欄では、三島由紀夫と原口統三の名前が並んでいるのに目が行きました。いまはほとんど手に取ることがありませんが、高校生の頃、よく読んでいたのを思い出しました。特に「仮面の告白」と「二十歳のエチュード」は(当時)印象が強く、読書感想文まで(当時)気合入れて書いた記憶があります(たまたま2件とも県表彰までいただいた)。二人が同じ誕生日だったとは、ちょっとした偶然です。 二人の共通点はもうひとつあるのですが、それを書くのは省略して、代わりに今朝の一曲として「レフト・アローン」をレディ・キムのヴォーカルで。

Pinterest
Search